元阪神ドリス、Wソックスとマイナー契約 昨季は2度のIL入り、防御率5.63と低調

昨季までブルージェイズに在籍していたラファエル・ドリス【写真:AP】
昨季までブルージェイズに在籍していたラファエル・ドリス【写真:AP】

昨季は2度のIL入り…39試合で防御率5.63

 ブルージェイズからFAとなっていた元阪神のラファエル・ドリス投手が、ホワイトソックスとマイナー契約を結んだ。34歳となった豪腕リリーバーは、まずは新天地でメジャー昇格を目指す。

 米球界に復帰した2020年は24試合に登板し、2勝2敗5セーブ、防御率1.50をマーク。その年のオフに球団側がオプションを行使して契約延長したものの、昨季は2度負傷者リスト(IL)入りするなど39試合で防御率5.63。8月にマイナー降格となり、10月にはFAとなった。

 シーズン開幕からまもなく1か月が経とうとしているタイミングで、新天地が決定。再びメジャーの舞台で頼もしい姿を見せられるか、注目される。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY