大谷翔平は「アンビリーバブルさ」 同僚も“対戦拒否”「関わりたくないよな」

7回11奪三振無失点で今季3勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
7回11奪三振無失点で今季3勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ウォルシュは0-0の7回に4号2ランを放って援護した

■エンゼルス 8ー0 Rソックス(日本時間6日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地で行われたレッドソックス戦で今季3勝目を挙げた。「3番・投手兼DH」で、投げては今季最長7回を6安打無失点11奪三振、打っては4打数2安打1打点。同僚も脱帽する活躍でチームを2連勝に導いた。

 0-0の7回に決勝2ランを放ったウォルシュは「彼が日頃やっていることを説明するのは、言葉が足りないくらいだよ。この男はアンビリーバブルさ」と脱帽。「彼の後ろを守っていて思ったのは(自分が対戦相手の打者だったら)『あのスプリットも、カーブも、100マイルの速球も、関わりたくないよなぁ』ということだね」と冗談交じりに称えた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY