トラウト、4試合ぶりマルチ&2打点で復調の兆し マドン監督もニッコリ「状態良好」

「2番・中堅」で先発したエンゼルスのマイク・トラウト【写真:AP】
「2番・中堅」で先発したエンゼルスのマイク・トラウト【写真:AP】

2試合ぶり先発復帰で2安打2打点「打てる球を捉えることができた」

■エンゼルス 3ー0 ナショナルズ(日本時間7日・アナハイム)

 エンゼルスのマイク・トラウト外野手は6日(日本時間7日)、本拠地・ナショナルズ戦に「2番・中堅」で2試合ぶりにスタメン復帰。5回1死満塁で中越え2点二塁打を放ち、チームの3連勝に貢献した。2ストライクから甘く入ったフォーシームを捉え、「空振りした2球目は少し力みすぎていた。打てる球を捉えることができた」と振り返った。

 試合前までの3試合で12打数2安打、1四球7三振と精彩を欠いていた。5日(同6日)の敵地・レッドソックス戦を欠場し、リフレッシュして戻ってきた。初回の中前打と合わせて4試合ぶりのマルチ安打。マドン監督は「なかなか良かったね。状態も良好だと思う」と称えた。

 メジャー昇格したばかりの左腕ディアスが5回3安打無失点と好投。今季初勝利を挙げた。チームリーダーのトラウトは「素晴らしかったね。ディアスは申し分ない投球だった」と称えていた。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY