大谷翔平、劇的同点二塁打に復活の手応え「あともうちょっと。少し我慢が必要」

試合後に取材に応じたエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】
試合後に取材に応じたエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】

9回2死一、三塁から中堅フェンス直撃の同点2点二塁打「ここ数試合は感じ的に悪くない」

■エンゼルス 5ー4 ナショナルズ(日本時間9日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地・ナショナルズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。2点を追う9回の第5打席で起死回生の同点2点二塁打を放ち、今季2度目のサヨナラ勝ちに貢献した。大谷は「ここ数試合は感じ的には悪くないので。いい感じの打球も上がってますし、あともうちょっとかなという感じなので。少し我慢が必要かなと思います」と冷静に振り返った。

 起死回生の一打だった。2点差の9回2死一、三塁、右腕レイニーのスライダーを左中間へ。フェンス直撃の同点2点二塁打となり、ベース上で絶叫した。続くレンドンの中前打でサヨナラ生還。「最後はもう突っ込むことだけ考えて。2アウトだったので、いいスタートを切れるように。いいベースランニングをする。いい打球だったので、ホームには間違いなくかえれるかなと思っていました」。敗戦まであと1死の場面から勝利し、満足げに振り返った。

 母の日で“ピンクバット”を使ったが、結果が出なかった。初回1死一塁は左飛に。3回1死一塁は四球で出塁したが、5回1死は中飛に打ち取られた。通常の黒バットに戻した7回1死一塁は空振り三振。チームも8回まで劣勢だった。マドン監督は「ショウ! 苦しんでいたが、フェンスまで飛ばした。そしてトニー(レンドン)が決めてくれた。ワンダフルだった」と興奮気味に振り返った。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY