「改善のサイン」「大ブレークの予兆」大谷翔平の逆方向打に米メディアも注目

9回に同点の2点適時二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
9回に同点の2点適時二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

2点を追う9回2死で逆方向の左中間に同点の適時二塁打を放った大谷

■エンゼルス 5ー4 ナショナルズ(日本時間9日・アナハイム)

 8日(日本時間9日)に本拠地で行われたナショナルズ戦で起死回生の同点打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。「3番・DH」で出場すると、2点ビハインドで迎えた9回の第5打席で打ったフェンス直撃の2点二塁打に、米メディアは「改善のサインを示している」と復調のキッカケを見出した。

 劇的な一打は2点を追う9回2死一、三塁で生まれた。右腕レイニーのスライダーを捉えて左中間へ。あと少しで逆転サヨナラ弾という当たりで、打球はフェンス直撃。2人の走者が生還した。続くレンドンの中前打で大谷は本塁に一気に生還し、チームはサヨナラ勝ちをおさめた。

 この日は4打数1安打だった大谷だが、最後の打席で逆方向に大きな当たりを放った。地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は「彼の打率 .235、OPS.685という数字は、期待されてたものよりも低いが、彼は改善のサインを示している」と指摘し、逆方向の打球が増えていることに着目。「AP通信」も「大ブレークのサインか?」とし、大谷のバッティングをポジティブに捉えていた。
 
 MLB公式サイトも「少し打撃面で苦労しているオオタニとレンドンからのポジティブなサインだった」と、打線の中で苦戦している2人が試合を決めたことを高く評価。大谷については「これは彼が探し求めていたようなヒットだった」と指摘し、逆方向へ放った大飛球をプラスに捉えていた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY