大谷翔平、2打席連発にマドン監督ご満悦 復調を確信「状態は良くなっている」

第4打席で6号満塁弾を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第4打席で6号満塁弾を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6回に5号ソロ、7回に6号満塁弾…ともに左方向へ伸びる

■エンゼルス 11ー3 レイズ(日本時間10日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地で行われたレイズ戦に「3番・DH」で先発、6回の第3打席で10試合、42打席ぶりの5号ソロを放った。さらに7回の第4打席では、キャリア初となる満塁弾。自己最多に並ぶ1試合5打点の大爆発に、ジョー・マドン監督は試合後「良くなっている」と復調を確信していた。

 5号は中堅左、そして6号は左中間スタンドへの一撃だった。マドン監督は逆らわず、逆方向への打撃に「状態は良くなっているようだ。打球を左中間に飛ばしているからね。打球の角度も良くなっている」とご満悦だ。

 大谷が復調過程にあると信じさせる、最大の変化もここにある。「私が見る限りでは、左中間への打球だ。逆方向に打球が飛び、引っ張ろうとしていないことに尽きる」。

 さらに「自分が敵軍の立場だったら、オオタニを満塁の場面で歩かせているか」という質問には笑いながら「分からないな。本当に何とも言えないところ」。4月15日(同16日)のレンジャーズ戦では、満塁から申告敬遠という奇策を用いた指揮官だけに、報道陣を煙に巻いた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY