大谷翔平の初満弾は「最高なこと」 アーチ競演のトラウト祝福「ショウヘイらしい」

6回に5号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平(左)を出迎えるマイク・トラウト【写真:ロイター】
6回に5号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平(左)を出迎えるマイク・トラウト【写真:ロイター】

6回に10試合ぶり5号、7回に6号満塁弾…ともに左方向へ

■エンゼルス 11ー3 レイズ(日本時間10日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地で行われたレイズ戦に「3番・DH」で先発。6回の打席で自身10試合ぶりとなる5号ソロを放った。直前にマイク・トラウト外野手が放った7号に続く“連続弾”にスタンドは熱狂。トラウトは試合後「ショウヘイらしい」と打撃を振り返った。

 大谷は7回に、自身初となる満塁本塁打を左中間スタンドへ放った。この日の2本は、いずれも逆方向へのもの。トラウトは大谷のこの打撃スタイルを「グッド。逆方向にあのような打球を打ち始めれば、ショウヘイらしいってこと。彼はいつも打球を引っ張る必要はないんだ」と見ている。

 そして、大谷の満塁弾がキャリア初だったのは主砲にとっては少々意外だった様子だ。「(初めてだったのは)試合後まで知らなかったよ。彼にとっても最高なことだろうね」と賛辞を贈っていた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY