中日30歳は「ガチでマジで覚醒」 育成経た苦労人が奇跡の“再現”…「なぜ戦力外に?」

ヒーローインタビューに登場した中日・板山祐太郎【写真:産経新聞社】
ヒーローインタビューに登場した中日・板山祐太郎【写真:産経新聞社】

中日・板山は6年ぶり通算2号…再び広島・大瀬良から放った

■中日 2ー1 広島(6日・バンテリンドーム)

 中日・板山祐太郎外野手が6日の広島戦(バンテリンドーム)で6年ぶりとなる通算2号アーチを放ち、勝利に貢献した。昨オフに戦力外となり、育成契約で加入した30歳の躍動にファンも歓喜。「なぜ戦力外に?」「マジで来てくれて有り難う」「ガチのマジで覚醒してる」と声をあげている。

 板山は「5番・右翼」で出場。1点リードの4回先頭で迎えた第2打席で、広島・大瀬良から1号ソロを右翼席に運んだ。2018年5月12日の広島戦以来、実に2247日ぶりの一発。この時も打った投手は大瀬良だった。

 成立学園高、亜大を経て2015年ドラフト6位で阪神に入団。8年目の昨年は12試合出場で打率.059に終わり、戦力外通告を受けた。育成で入団した中日で、5月5日に支配下昇格し、同日に1軍昇格した。同23日に抹消されるも6月5日に復帰。打率.319(72打数23安打)と躍動している。

 新天地で奮闘する30歳にファンもは歓喜。SNSには「あまりに良すぎる」「感慨深い」「開花してくれて心から嬉しい」「本当に移籍して良かったね」「輝いているなあ」「福留に見えてきた」「マジ神」「覚醒中です」とコメントが寄せられている。

【実際の映像】「なぜ戦力外に?」 鮮やか広島エース撃ち…中日30歳の6年ぶり弾

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY