大谷の打席中に…ド軍33歳が突然“ブチギレ” 打率.151の大不振、感情露わにファン驚愕

ドジャースのクリス・テイラー【写真:Getty Images】
ドジャースのクリス・テイラー【写真:Getty Images】

三振の直後、クリス・テイラーがベンチで“大荒れ”

【MLB】ドジャース 5ー3 ブルワーズ(日本時間7日・ロサンゼルス)

 ドジャースのクリス・テイラー内野手が、試合中にベンチでバットを床に打ち付けるなど怒りを表した。感情を露わにした33歳にファンも驚いたようで、「テイラー激おこ…」「テイラーめちゃ怒ってる 悔しいもんな! 次頑張るんや!!」と声を寄せている。

 6日(日本時間7日)の本拠地・ブルワーズ戦に「9番・三塁」で出場したテイラーは4回無死一、二塁で打席へ。送りバントを試みようとしたが、2球連続でファウルにした後、3球目を空振りして三振に倒れた。ベンチに戻ると、1番・大谷翔平投手の打席の際に、バットをバットケースに置く際、何度も強く床に打ち付けて自身への怒りを表した。

 33歳のテイラーは今季、極度の打撃不振。試合前時点で打率.156、2本塁打、OPS.500。この日も4打数無安打2三振で、打率は.151(126打数19安打)に落ち込んだ。

 米スポーツ局「FOXスポーツ」が公式X(旧ツイッター)に動画を投稿すると、ファンは「彼は(かつて)すごくいい選手だったんだけどね」「悔しいのは分かるけど流石にここでバント失敗して追い込まれて三振はイメージが最悪だわ」「悔しいの分かるけど怪我やめてね」「めちゃくちゃ悔しそうやった」「送りバント失敗からの三振したのがなぁ」「テイラーの悔しがり方……頑張れテイラー」とコメントを寄せた。

【実際の映像】大谷の打席中に…「めちゃ怒ってる」ド軍33歳のブチ切れシーン

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY