ロッテに悪夢11連敗「ファンに申し訳ない」 渡辺監督代行が謝罪「要因を挙げたらキリがない」

ロッテ戦の指揮を執った西武・渡辺久信監督代行【写真:松本洸】
ロッテ戦の指揮を執った西武・渡辺久信監督代行【写真:松本洸】

「みんな、やるべきことができていない」

■ロッテ 9ー2 西武(7日・ベルーナドーム)

 西武は7日、本拠地ベルーナドームで行われたロッテ戦に2-9で敗れ、今季ロッテ戦は11戦全敗となった。西武の同一カード開幕11連敗は球団ワースト記録。遠い白星に渡辺久信監督代行は試合後、「ファンに申し訳ない」と謝罪した。

 過去に同一カード10連敗までは2度あった(前身の西鉄時代の1951年、南海=現ソフトバンク=に4分けを挟み10連敗。同じく西鉄時代の1970年、近鉄に1分けを挟み10連敗)。ロッテへの11連敗に渡辺監督代行は「要因を挙げたらキリがないと思います」と振り返った。

 この日は先発のボー・タカハシ投手が3回、藤原恭大外野手に適時三塁打、岡大海外野手に左犠飛を許して2点先行され、5回にも2点を追加された。随所で露呈した守備の乱れも痛かった。「みんな、やるべきことができていないから、こういう結果になっているのだと思います」と憮然とした表情だった。

 一方の攻撃陣は、ソフトバンクからトレードで加入したばかりの野村大樹内野手が出場選手登録され、即「2番・一塁」でスタメン出場した。5回1死一、三塁で左犠飛を打ち上げ、移籍後初打点をマーク。この回、4番の岸潤一郎外野手も左線適時二塁打で続き、2点差に迫った。しかし続く6回の守りでは、21歳の成長株左腕・菅井信也投手がグレゴリー・ポランコ外野手、荻野貴司外野手に連続ソロを被弾。8回には“致命的”な3失点を喫し、追い上げることができなかった。
 
「この3連戦はすごく大事な位置付けで臨んでいた。ロッテ戦に限っては、1つ勝たないと始まらないのでね。結果的にこういう形になり、暑い中で応援してくれたファンに申し訳ないという気持ちを、今日はベンチで感じていました」と厳しい表情だった。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY