ロッテが西武に開幕11連勝 柳町の逆転三塁打で鷹は連敗ストップ、7日の結果

ロッテ・吉井理人監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・吉井理人監督【写真:荒川祐史】

オリックス杉本裕太郎が勝ち越し4号2ラン

 みずほPayPayドームで行われたソフトバンク-楽天は、5-3でソフトバンクが勝利した。ソフトバンク先発のリバン・モイネロ投手は7回を3失点にまとめ、試合を作った。1点ビハインドで迎えた8回2死満塁から、代打・柳町達外野手が走者一掃の適時三塁打を放ち、5-3と逆転し、連敗を「3」で止めた。

 京セラドームで行われたオリックス-日本ハムは6-3でオリックスが逆転勝利。2点ビハインドの6回、宗佑磨内野手の2点適時二塁打で同点に追いつき、杉本裕太郎外野手が4号2ランを放ち、勝ち越しに成功した。先発のアンダーソン・エスピノーザ投手が6回3失点で今季7勝目を挙げた。

 ベルーナドームで行われた西武-ロッテは、9-2でロッテが勝利。開幕から同一カード11連勝を飾った。藤原恭大外野手が先制とダメ押しの適時三塁打を放ち、2安打3打点をマークした。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY