山下舜平大が5回無失点の好投 打線つながらず西武完封負け、7日のファーム

オリックス・山下舜平大【写真:小林靖】
オリックス・山下舜平大【写真:小林靖】

西武・糸川亮太が4回無失点の好投

 パ・リーグ球団主催のファーム公式戦が7日、2試合が行われ、オリックスは中日に4-0で勝利。西武は巨人に0-3で敗れた。

 オリックス打線は3回、廣岡大志内野手の適時打で先制。さらに4回、来田涼斗外野手、元謙太外野手の2者連続適時打が生まれ、リードを3点に広げる。その後も得点を加えた。先発の山下舜平大投手は、5回3安打4奪三振無失点の好投。6回以降は、村西良太投手が2イニング、中田惟斗投手、富山凌雅投手がそれぞれ1イニングを抑え勝利した。

 西武の先発・糸川亮太投手は初回から制球に苦しんだが要所を締め無失点。4回1安打3四死球1奪三振無失点の好投を見せた。打線は、巨人先発・高橋礼投手の前にチャンスにあと一本が出ず。すると5回、2番手・平井克典投手が岡田悠希外野手に先制の5号3ランを許し、打線は最後までホームが遠く、0-3で試合終了。蛭間拓哉外野手、元山飛優内野手が2安打をマークした。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY