野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • ダルビッシュが中6日で先発し続ければ、サイ・ヤング賞を獲れる?

ダルビッシュが中6日で先発し続ければ、サイ・ヤング賞を獲れる?

レンジャーズのダルビッシュ有投手が、中6日以上で登板した場合に驚異的な成績を残していることを地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が伝えている。

20150228_dal

過去2年でダルビッシュが残してきた、中6日登板での驚異的な成績とは

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が、中6日以上で登板した場合に驚異的な成績を残していることを地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が伝えている。メジャーでは中4日での先発が基本だが、日本時代のように登板間隔が長い方が、その能力を十分に発揮できるようだ。

 記事で紹介されているダルビッシュのデータは、過去2年(2013、14年)のもの。そこには明らかな差がある。勝敗は中6日未満が17勝14敗に対して、中6日以上は6勝2敗。さらに、防御率は3.21と1.49と大きな開きがある。9イニングあたりのヒット数は7.26本と6.12本、被本塁打は1.07本と0.50本、四球は3.40個と2.69個、そしてトレードマークの奪三振は11.63個と11.79個。すべて中6日以上の成績が上回っている。

 さすがにダルビッシュといったところで、中6日未満の成績も決して悪くない。メジャーで一流投手の部類に入るものだ。ただ、中6日以上の成績はあまりにも圧倒的で、間違いなく、メジャー屈指のレベルとなっている。

 ダルビッシュは昨年、ヤンキースの田中将大投手が右肘靭帯部分断裂で離脱した直後のオールスターに出場し、前日の記者会見で中4日の登板間隔は短いとする持論を展開した。日本のように中6日あれば、1試合に投げる球数が多くても炎症は取れると断言。その言葉を証明するようなデータ(成績)が実際に出ている。

人気記事ランキング