野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 思わぬ形で脚光浴びた早慶戦は2日間で6万超集客、話題沸騰のポスター“裏話”

思わぬ形で脚光浴びた早慶戦は2日間で6万超集客、話題沸騰のポスター“裏話”

早大が歴代最多タイとなる44度目のリーグ優勝を決めた早慶戦。プロ野球よりも歴史が長い創立90周年の東京六大学野球伝統の一戦では今回、思わぬ形での場外戦が脚光を浴びることになった。

【前編:早大「高校野球流指導」はこちら】

「ハンカチ」「ビリギャル」応酬で話題となった早慶戦

 早大が歴代最多タイとなる44度目のリーグ優勝を決めた早慶戦。プロ野球よりも歴史が長い創立90周年の東京六大学野球伝統の一戦では今回、思わぬ形での場外戦が脚光を浴びることになった。

 早慶戦に向け、制作された宣伝ポスターがインターネット上で拡散され、世間の話題を呼んだのだ。

 そのおもしろさは、東京六大学ならではだろう。5つのバージョンがあり、両校チアリーダー、野球部員、リーダー部員、吹奏学部員、マスコットが睨み合うように対峙。互いのライバル心をあおるキャッチコピーが秀逸だ。まずはご覧いただきたい。

20150604_poster1
◆チアリーダー
「ハンカチ以来パッとしないわね、早稲田さん」
「ビリギャルって言葉がお似合いよ、慶應さん」
20150604_poster2
◆野球部員
「早稲田から勝ち取る優勝に、意味がある」
「慶應に負けた優勝など、したくない」
20150604_poster3
◆リーダー部員
「早稲田の勝利しか、見えない」
「それは視野せまい」
20150604_poster4
◆吹奏楽部員
「トラウマになるまで吹いてやる、若き血を」
「思うぞんぶん吹かせてもらうよ、紺碧の空を」
20150604_poster5
◆マスコット
「一塁側のため息が、イチバンのごちそうだよ」
「敗戦後の三塁側は冷え込むので、ご自愛するのである」

 なじみのないファンには、少し過激に聞こえるかもしれない。だが、東京六大学ではこのコピーのように、応援団のリーダー部がユーモアに富んだ“ヤジ”のコールを応援席で呼びかけ、互いにあおることは風物詩。それが今回、ポスターとなり、大反響につながった。

 慶大応援指導部OBと現役の指導部員が4月中旬、早大・斎藤佑樹(現・日本ハム)の卒業後から動員が減少傾向にある早慶戦を盛り上げようと企画したのが事の発端だった。早大応援団側に持ちかけ、スタジオ代、編集代など、総額5万円という低予算で初めての試みが実現した。

 特に、チアリーダーは「お高くとまった感じが慶應っぽい」「おへその出た早稲田の子がかわいい」など、インターネット上で話題沸騰となった。

人気記事ランキング