贅沢すぎる巨人の助っ人事情 高橋新監督の“余剰戦力”運用がVへの鍵に
2016.01.19
野口寿浩氏は、“余剰”ともいえる助っ人陣を見渡して「『どうするの?』という話ですよね。このチームの“爆弾”でもあると思います」と、起用法の難しさがデメリットになる可能性もあると指摘した。
巨人

巨人助っ人は豊富? それとも余剰? 高橋新監督が抱える“爆弾”とは

20160119_giants
巨人の外国人選手の昨季成績

 今オフ、巨人は西武からFAで脇谷亮太内野手を獲得。さらにロッテからルイス・クルーズ内野手を補強し、昨年FAで加入した片岡治大内野手も含めて、セカンドを本職とする実績豊富な内野手が3人も所属する状態となった。

独立Lから侍ジャパン女子代表候補に 「ナックル姫」吉田えりが男子とプレーする理由(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 また、新外国人としては、昨年ヤンキースでプレーし、MLB通算122本塁打の実績を持つギャレット・ジョーンズ外野手も獲得。昨季加入し13勝(3敗)の成績を残したマイルズ・マイコラス投手、8勝(8敗)を挙げたアーロン・ポレダ投手、そして今季5年目を迎えるセットアッパーのスコット・マシソン投手、来日3年目となるキューバ人のレスリー・アンダーソン外野手、飛躍が期待される同じキューバ人右腕のエクトル・メンドーサ投手も新シーズンに向けて契約を更新しているため、支配下登録だけで実に7人の外国人選手が在籍することになる。

 豊富な戦力は通常、チームにとってプラス材料となるが、外国人選手は規定により、同時に4人までしか1軍登録することができず、必然的に3選手が2軍暮らしを余儀なくされる。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏は、“余剰”ともいえる助っ人陣を見渡して「『どうするの?』という話ですよね。このチームの“爆弾”でもあると思います」と、起用法の難しさがデメリットになる可能性もあると指摘した。

「クルーズ、ポレダ、マイコラス、マシソン、ギャレット・ジョーンズ…。これだけ実績のある選手が並ぶと、(21歳のメンドーサと)アンダーソンはかわいそうですが、まずは2軍でしょう」

 昨年6月2日のオリックス戦で初登板し、2回無失点デビューを果たした21歳のキューバ人右腕メンドーサ、来日して2年で22本塁打、打率.289の成績を残しているアンダーソンは1軍にいられない存在と位置付けた。それだけ、今季の巨人の助っ人は豊富にいる。

 ただ、それでもまだあと1選手が2軍暮らしをする必要があるというのだから驚きだ。残り1人のファーム落ち候補について、野口氏は以下のように語る。



1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月