野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

贅沢すぎる巨人の助っ人事情 高橋新監督の“余剰戦力”運用がVへの鍵に

カリスマ性持つ新監督、選手時代同様の求心力を維持できるか

「(実績のある選手に2軍行きを命じることは)周りの選手に危機感も煽ったりすることもできるのでしょうけど、『なんでこの選手がファームで、この選手が1軍にいるの?』という声が出てきてしまうと、(チーム内に)良くない空気が漂ってしまう。しかも、調子が良くても『落とさなきゃいけない』『外さなきゃいけない』という状況も、どうしても出てくるでしょう。難しいと思います」

 現役時代は選手会長も務め、チームメートからの信頼が厚く、巨人のスター選手としてカリスマ性のあった高橋新監督。しかし、こうした障壁があることも踏まえて、野口氏は「(選手時代のように)今まで通りまとまってくれればいいですけど…。立場が変わると、回りの人間の印象が変わるので」と危惧する。指揮官という立場での求心力は、選手時代とは別物であるだけに、始まってみなければどうなるか分からないとの見方だ。

 今季の巨人のように“余剰”とも言える助っ人選手の層の厚さがあることについて、野口氏は「その場しのぎという面では、強いのでしょう」と語る。一方で、「色々と火種が出てきてしまう」と不安要素も挙げる。

 確かに、誰かが不振になった際に替えが効くという面で、今季の巨人は秀でているといえるのかもしれない。しかし、過剰に助っ人選手がいるあまりに、全員が万全の場合、どんなに好調でも2軍行きを命じられてしまう者が出てきてしまうという“歪み”が生まれるのも確かだ。

 強いチームとなるには、個々の能力だけではなく、勝つために選手の士気を高めることも重要となる。高橋新監督をはじめとした首脳陣による選手の運用能力も、2年ぶりの優勝へのポイントの1つとなりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」