野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ヤクルト
  • 【米国はこう見ている】前ヤクルトのバーネット、地元メディアに“日本愛”明かす 「大好きだった」

【米国はこう見ている】前ヤクルトのバーネット、地元メディアに“日本愛”明かす 「大好きだった」

ヤクルトからMLBレンジャーズに移籍したトニー・バーネット投手が、地元メディアの取材に対して溢れんばかりの“日本愛”を明かしている。MLB公式サイトが「バーネットは日本の思い出を大切にする」とのタイトルで特集記事を掲載した。

MLB公式サイトがレンジャーズの右腕を特集、「バーネットは日本の思い出を大切にする」

 ヤクルトからMLBレンジャーズに移籍したトニー・バーネット投手が、地元メディアの取材に対して溢れんばかりの“日本愛”を明かしている。MLB公式サイトが「バーネットは日本の思い出を大切にする」とのタイトルで特集記事を掲載した。

侍ジャパンの命運握る機動力 元盗塁王・高木豊氏が語る盗塁・走塁の重要性(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 バーネットは昨年、ヤクルト6年目のシーズンで守護神として獅子奮迅の活躍を見せた。59試合に登板し、3勝1敗41セーブ、防御率1.29の成績で14年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献。オフには、ヤクルトに恩返しをしたいとの思いからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍を目指したが、契約がまとまらずに自由契約となってレンジャーズと2年契約を結んだ。しかし、その“ヤクルト愛”は大きな話題となった。

 来日前の2009年まではマイナーでのプレー経験しかなかった右腕は、自身初のメジャー契約をレンジャーズと結び、現在は春季キャンプに臨んでいる。特集では、「トニー・バーネットは2010年、東京ヤクルトスワローズで先発の6番手だった。彼の初の先発は横浜ベイ・ソックス戦だった」と球団名を間違えながら、日本でのキャリアを紹介している。

 この日本デビュー戦について、バーネットは「強烈な経験だったよ」と振り返ったという。「スタンドは満員だし、観客は歌うし、管楽器は鳴るし、ドラムは初球から電気が消えるまで叩かれていた。僕は猛烈な衝撃を受けて『これはすごい』と思った。プレーオフのような雰囲気だったけど、まだシーズンの6試合目だった」。米国とは全く違う雰囲気で試合が行われる日本で、初めてマウンドに上がった6年前の記憶は、今も鮮明に残っているようだ。記事では、7回無失点で勝利投手となったことにも触れている。

人気記事ランキング