野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今季相次いで起こった“史上初” 2016年プロ野球は異例の初物尽くし!?

2016年のシーズンは日本ハムの日本一で幕を閉じ、シーズンオフを迎えた。各球団とも秋季練習、キャンプで再出発し、新人選手との仮契約なども続々と終えている。

20160501_ohtani

大谷165キロに2年連続トリプルスリー、快挙に珍事…今季起きた主な史上初は?

 2016年のシーズンは日本ハムの日本一で幕を閉じ、シーズンオフを迎えた。各球団とも秋季練習、キャンプで再出発し、新人選手との仮契約なども続々と終えている。

 今季セ・リーグは広島が2位・巨人に17.5ゲーム差をつけて25年ぶりの優勝を遂げ、ペナントレースを盛り上げた。日本シリーズも白熱した試合が繰り広げられ、野球ファンにとっても印象に残るシーンの多かったのではないか。そんな今季は球界&球団史上初の出来事や記録更新も多かった。ここではその主な出来事を振り返ってみたい。

○球界最速の165キロなど「大谷劇場」

 パ・リーグのクライマックスシリーズ最終ステージ。ソフトバンクとの第5戦で日本ハム・大谷翔平は「3番・DH」でスタメン出場し、9回にDHを解除してリリーフ登板。シーズン中に史上最速の164キロをマークしただけでもすごいのだが、NPB最速記録を更新する球速165キロを出した。それだけでなく、大谷は投手で10勝、野手で本塁打20発超えをマークしたことや、1番投手で出場して初回先頭打者本塁打を放つなどし、これらもNPB初の快挙となった。

○ヤクルト・山田、2年連続トリプルスリー

 今では球界の顔となったヤクルト・山田哲人。昨年は38本塁打、打率.329、34盗塁でトリプルスリー。偉業達成者の翌年は成績を落とすというジンクスがあったが、どこ吹く風で今年も38本塁打、打率.304、30盗塁と史上初の2年連続トリプルスリーを成し遂げた。また、2年連続で100打点超えも記録しており、24歳の若き戦士のさらなる飛躍が楽しみだ。

○DeNAが悲願の初CS進出、12球団で最後

 DeNAは2007年から始まったクライマックス・シリーズで前身の横浜から12球団で唯一、CSに出場していなかったが、今季リーグ3位に入り、悲願達成。決定直後にエース・三浦大輔が引退を表明するというさみしい出来事も起きたが、チームは一丸となり、CSファーストステージで2位の巨人を撃破した。就任1年目でAクラス入りをしたラミレス監督はCS決定時に「本当に長い間待っていただいていた多くのみなさまの前で決めることがで来てよかったと思います。オメデトウゴザイマス!」と日本語スピーチを披露して球場を沸かせた。

人気記事ランキング