野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 決勝打の鳥谷に新井が絶叫 「あそこで打つのが男」

決勝打の鳥谷に新井が絶叫 「あそこで打つのが男」

お立ち台に上がった鳥谷は、8回の打席まで3三振とマイコラスに抑え込まれていたが「その前の打席は忘れて、この打席で何とかしたいなという気持ちで打席に立ちました」と逆転タイムリーを振り返った。

阪神甲子園

少ないチャンスで逆転劇、鳥谷「何とかしたかった」

 甲子園を舞台に行われた伝統の一戦は、阪神が8回の逆転劇で連勝を飾った。巨人先発のマイコラスの前に7回まで1安打に抑えられていたが、8回に先頭の福留がセカンドへの内野安打で出塁すると、それを足がかりに1死満塁とチャンスを広げ、新井の犠牲フライと鳥谷のタイムリーで見事な逆転劇を演じた。

 阪神は前日の試合に引き続き、1点差勝利で連勝。この日も打線が繋がらず苦しい試合展開となったが、相手の隙を見逃さず粘りの勝利。

 お立ち台に上がった鳥谷は、8回の打席まで3三振とマイコラスに抑え込まれていたが「その前の打席は忘れて、この打席で何とかしたいなという気持ちで打席に立ちました」と逆転タイムリーを振り返った。

 鳥谷の前で新井が放った犠牲フライについて「何とか同点に、1点取ってくれという気持ちでネクスト(バッターズサークル)にいましたけど、犠牲フライを打ってくれて、楽な気持ちで打席に入ることができました」と語り、隣に立つ新井をねぎらった。

 また、鳥谷のタイムリーが生まれた瞬間、ベンチで絶叫していた新井はそのことについて問われると「興奮していて何を叫んだか覚えていないんですが、あそこで打つのが“男”だなと思いました」と球場を沸かせた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中