野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「1年でも長くNPBで」 年俸360万のヤクルト新外国人は救世主になれるか?

「1年でも長くNPBで」 年俸360万のヤクルト新外国人は救世主になれるか?

敗戦濃厚だったヤクルトを救ったのは、わずか年俸360万円の新外国人だった。

東京ヤクルト神宮

加入から活躍見せるデニング、その異例の経歴とは

 敗戦濃厚だったヤクルトを救ったのは、わずか年俸360万円の新外国人だった。

 5月27日の日本ハム戦(神宮)。1点ビハインドの9回2死二塁で打席に入ったのは、加入してまだ2試合目のミッチ・デニング外野手。1ボールからの2球目、増井の高めへの直球を右前へ運ぶ同点適時打をマーク。引き分けに持ち込む活躍を見せた助っ人は「最後の最後でチームを救う活躍ができて満足している。特別な1日になった」と興奮を隠さなかった。

 同29日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では初アーチを放つなど、スタメンに定着しつつある。救世主になる可能性を秘めるデニングとは、どのような人物なのか―。

 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州出身。タグラーレイクス高校から、2005年にボストン・レッドソックスと契約した。その後は同チーム傘下のマイナーやオーストラリア・リーグなどでプレー。09年と13年にはオーストラリア代表としてWBCにも出場した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中