野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

沢村賞右腕、オリ金子が3度目登板で初勝利 「1勝で終わらず、この先も」

昨年の沢村賞右腕、オリックスの金子千尋が6日、ナゴヤドームで行われた中日との2回戦で今季初勝利。4-0で中日を下し、カード勝ち越しを決めた。

オリックス

7回無失点、「しっかりバッターと勝負しようと思って」復活を告げる今季初勝利

 昨年の沢村賞右腕、オリックスの金子千尋が6日、ナゴヤドームで行われた中日との2回戦で今季初勝利。4-0で中日を下し、カード勝ち越しを決めた。

 昨オフに右肘を手術し、開幕は出遅れた金子。5月23日に復帰後、2度の先発マウンドではいずれもチームに勝利をもたらせなかった。しかし、今季3度目の登板となったこの日は、序盤の3回で中日打線に二塁を踏ませない順調な立ち上がりを見せる。

 4回には1死から3連打で満塁のピンチを迎えるも、動じなかった。

「前回、前々回と点を取られていたので、今日はできれば0点に抑えたいと思っていました。ランナーを意識してもしょうがないので、しっかりバッターと勝負しようと思って、それができたかなと思います」

 この言葉通り、迎えた藤井には低めのボールを打たせ4-6-3と渡るダブルプレー。ピンチを切り抜けた。

 ランナーを出しながらも粘りの投球を続ける金子を援護すべく、打線は5回、それまで0点に抑えられていた中日先発のバルデスを攻略する。糸井のレフト前ヒットから始まった攻撃は、伊藤のタイムリー二塁打、ヘルマンの押し出し四球、カラバイヨのセンター前へのタイムリーヒットで一挙4得点を奪った。

人気記事ランキング