野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • リーグ再開初戦白星で2位浮上の阪神 自身3連勝メッセ「もっといい野球を」

リーグ再開初戦白星で2位浮上の阪神 自身3連勝メッセ「もっといい野球を」

阪神が20日、甲子園で迎えたヤクルト戦に4-1で勝利し、DeNAに代わって2位に浮上。メッセンジャーが7回1失点の好投で自身3連勝となる5勝目(5敗)を挙げた。

阪神甲子園

7回1失点と好投のメッセンジャー「ランナー背負っても粘るのが仕事」

 阪神が20日、甲子園で迎えたヤクルト戦に4-1で勝利し、DeNAに代わって2位に浮上。メッセンジャーが7回1失点の好投で自身3連勝となる5勝目(5敗)を挙げた。

「勢いはまだまだあると思っていた。その勢いに乗って自分の仕事をしっかり全うしようと思っていた」

 交流戦明け初戦の先発マウンド。試合後、お立ち台に上がったメッセンジャーは、この一戦に強い思いを持って臨んでいたことを明かした。

 2回にマートンの先制ソロで1点の援護を受けるも、4回、先頭の川端にライトへの二塁打を打たれると、続く畠山にもレフト線へのタイムリーツーベースを浴びる。1-1の同点に追いつかれ、なおも四球と内野安打で無死満塁の大ピンチを招いた。

 しかし、ここから踏ん張る。今浪を中飛に打ち取ると、続く中村を中飛、石川を空振り三振に仕留め、結果的に最小失点で切り抜けた。「ランナーを背負っても粘っていかないといけない。それがピッチャーの仕事」と振り返ったメッセンジャー。ヤクルト打線に流れを渡さない。

人気記事ランキング