野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 「イチローが史上唯一の…」 球宴開催の米国で改めて話題となった名場面

「イチローが史上唯一の…」 球宴開催の米国で改めて話題となった名場面

5月にもサンフランシスコで「永遠にその名を残した」と紹介された一打

 2007年7月10日、イチローはジャイアンツの本拠地AT&Tパークで行われた第78回MLBオールスターゲームに出場し、5回1死の場面でライトへの長打を放った。イチローも尊敬するケン・グリフィー・ジュニアが、特殊な設計になっているAT&Tパークのライトフェンスを直撃したクッションボールの処理に手間取る隙に快足を飛ばし、ホームを駆け抜けた。

 オールスター史上唯一のランニングホームランを放ったイチローは、3安打2打点の活躍でア・リーグを5-4での勝利に導き、MVPに輝いた。

 サンフランシスコの地元テレビ局「KNTVサンフランシスコ」も、イチローがマーリンズの一員として今年5月にジャイアンツ戦に出場し、レギュラーシーズンで初めてAT&Tパークでプレーした時、このランニングホームランの映像とともに「この球場の歴史の一部として、永遠にその名を残しました」と紹介していた。

 今回で86回目となったオールスター戦の歴史を彩るイチローの偉業は、これからも語り継がれることになるのだろう。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」