野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 【高校野球】56分雷雨中断&延長戦の長丁場は下関商が制す 11回に森元がサヨナラ打

【高校野球】56分雷雨中断&延長戦の長丁場は下関商が制す 11回に森元がサヨナラ打

第97回全国高校野球選手権大会は第3日が8日、甲子園球場で行われ、第4試合は下関商(山口)が白樺学園(北北海道)を延長戦の末に4-3で破った。

8回、白樺学園・加藤の同点2ランで追いつかれるも…

 第97回全国高校野球選手権大会は第3日が8日、甲子園球場で行われ、第4試合は下関商(山口)が白樺学園(北北海道)を延長戦の末に4-3で破った。

 先制したのは下関商。2死一塁から坂口がセンターへのタイムリー二塁打を放った。

 すると白樺学園も3回、下関商の左腕・森元を攻め、2死三塁から池田のセンターへのタイムリー二塁打で1-1の同点とする。

 しかし、その裏、1死一塁から下関商の坂口が2打席連続タイムリーとなるライトへの三塁打を放ち、勝ち越す。さらに1死三塁から益本がスクイズを成功させ、3-1とリードを広げた。

 4回表を終わったところで雷雨が強まり、56分の中断をはさんだが、再開されると、試合はそのまま終盤へ。

 8回。2死一塁から白樺学園の4番・加藤が森元のスライダーを捉える。打った瞬間に高々と腕を掲げる、完璧な同点2ラン。レフトスタンドへの美しい放物線を描き、3-3と試合を振り出しに戻した。

 試合は延長に突入し、勝負が決したのは11回。下関商は1死から阪本が二ゴロエラーで出塁するなど2死二塁とすると、森元の打球がショートのグラブをかすめセンターへ。これがサヨナラのタイムリーヒットとなり、下関商が4-3で延長戦を制した。

 白樺学園は終盤に4番の一発で追いつくも、最後に守備のミスが響いた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中