野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【小島啓民の目】早実・清宮の今後の注目ポイントは? 一流打者に見られるタイムを取る勇気

【小島啓民の目】早実・清宮の今後の注目ポイントは? 一流打者に見られるタイムを取る勇気

第97回・夏の全国高校野球大会が6日に開幕となり、熱気を放っています。今大会、最も注目されている選手は、1年生ながら早稲田実業(以降早実)の中軸を打つ清宮幸太郎選手でしょうね。

阪神甲子園

清宮は荒木大輔以来の早実ビッグルーキー

 第97回・夏の全国高校野球大会が6日に開幕となり、熱気を放っています。今大会、最も注目されている選手は、1年生ながら早稲田実業(以降早実)の中軸を打つ清宮幸太郎選手でしょうね。

 早実としても、荒木大輔(元ヤクルト)以来のビックルーキーではないでしょうか。荒木さんは1年生の甲子園大会で名をはせましたが、今回の清宮選手は、地方大会が始まる前から注目度が圧倒的に高く、当時を知る私からすると現段階で荒木さんを超えています。

 早実は甲子園でも人気校で、チーム自体に多くのファンがいますから、更にヒートアップしそうです。早実の和泉監督は、私にとって早稲田大学の2歳年上の先輩で、捕手として活躍されていました。

 選手時代から「将来は高校の指導者になる」とお話しをされていましたし、指導者になってからも色々なご苦労をされていました。

 斎藤佑樹投手(日本ハム)を擁して日本一を経験された時は、私も自分のことのように嬉しくなったことを思い出します。

人気記事ランキング