野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】敗退の花巻東、仙台育英に託した「東北の夢」 「日本一になってほしい」

【高校野球】敗退の花巻東、仙台育英に託した「東北の夢」 「日本一になってほしい」

特別な思いを持って臨んだ夏だった。試合後、指揮官は目に光るものを浮かべながら振り返った。

阪神甲子園

東北対決で敗れた花巻東・佐々木監督、「勝たせてあげたかった」

 東北勢初の甲子園制覇を――。

 第97回全国高校野球選手権大会は16日、甲子園球場で3回戦が行われ、仙台育英(宮城)が花巻東(岩手)を4-3で破り、準々決勝に進出した。好ゲームとなった東北対決は1点差で決着がついたが、敗れた花巻東の佐々木洋監督は「(春の)東北大会でも見たけど、スイングスピードが速くなっている。下半身もどっしりしているし、素晴らしい打線だった」と相手の強さに脱帽した。

 特別な思いを持って臨んだ夏だった。

「勝たせてあげたかったです。力はなかったけど、一番練習してきたチーム。春から練習試合も勝てなくて苦しんで、ここまでやってきたので。なんとか勝たせたかった。沿岸部の子も多かったので、その思いはより強かった」

 試合後、指揮官は目に光るものを浮かべながら振り返った。

 エース左腕の高橋樹也は注目を浴びていたが、菊池雄星(現西武)や、大谷翔平(現日本ハム)のような“スター”がいるチームではなかった。それでも、選手は地道に力を磨き、聖地への切符を掴んだ。

人気記事ランキング