野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】4番清宮は1安打2打点にも納得せず 「プレッシャー? それは違います」

第27回U-18(18歳以下)ワールドカップが開幕し、初優勝を目指す高校日本代表は初戦でブラジル代表に14-0の7回コールドで快勝した。

「4番・DH」でデビュー、「よし! やってやるぞ!」

20150828_kiyomiya2
打席に入る早実・清宮幸太郎内野手【写真:富樫重太】

 第27回U-18(18歳以下)ワールドカップが開幕し、初優勝を目指す高校日本代表は初戦でブラジル代表に14-0の7回コールドで快勝した。1年生で唯一、メンバー入りしている注目の早実・清宮幸太郎は、「4番・DH」で先発出場。押し出し四球での初打点に続き、初安打となる初タイムリーも放ち、3打数1安打2四球2打点をマークした。

 4番での“デビュー”となった清宮は「『よし! やってやるぞ!』という気持ちでした」と試合へ。初回は1死一塁で四球を選んでチャンスを広げ、その後、勝俣が右中間へ3点三塁打を放った。

 3回先頭での2打席目は中飛に終わるも、4回2死満塁では押し出し四球で初打点。5回は2死一、三塁でショート強襲のタイムリー内野安打を放った。6回は無死満塁で空振り三振に倒れたものの、2打点をマークした。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中