野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

今季戦力外も「まだ絶対にいける」― もう一花咲かせられる選手は?

能力の高い選手が揃う外野手、各球団にとっても大きな補強に?

 中継ぎ投手では、左投手の需要も間違いなく高いと野口氏は見ている。ロッテを戦力外となった中後悠平、服部泰卓、植松優友は面白い存在だ。

「先発だろうが中継ぎだろうが、左投手は需要があると思います。中後、服部、植松は、みんなチャンスがあるのではないでしょうか。2年連続日本一のソフトバンクだって、左投手はいない。森福が不調だったこともあって、日本シリーズでは左ピッチャーを1人も使っていません。それでも、勝ってしまいましたけど。でも、この3人はチャンスがあると思います」

 さらに、同じロッテで名前が挙がったのは捕手の川本良平だ。今季は、楽天の嶋基宏、西武の炭谷銀仁朗、日本ハムの大野奨太がFA権を取得。行使すれば争奪戦になるとも予想されたが、全員が残留を表明した。

 野口氏は「川本は打つ方もいいし、絶対に需要はあります。FA権を取った選手が早々とみんな残留を表明してしまったので、捕手の補強を目指していた球団の人気がこういうところに集まるんじゃないでしょうか」と予想する。

 そして、各球団にとって大きな補強となりそうなのが、外野手だという。オリックスを戦力外となった鉄平、年俸の大幅減で退団を決意した坂口智隆、そして日本ハムを戦力外となった鵜久森淳志は、「どこかが獲るでしょうね」と野口氏は言う。今季、2軍では打率4割6厘と結果を残していた鉄平については「ファームがウェスタン・リーグの球団のどこかが獲るんじゃないでしょうか。ソフトバンク以外なら合うと思います」と予想した。

 また、高校時代にスラッガーとして甲子園を沸かせた鵜久森は「どこかに獲ってほしい選手」だという。「日本ハムでは中田翔、陽岱鋼がいて、なかなか入り込んでいけなかっただけだと思います。もうちょっと外野で勝負できる環境にあれば、まだまだいけると思います」と指摘する野口氏が、1つ目の候補として挙げるのが阪神だ。

「マートンが抜ける可能性が高くて、レフトをどうしようかと言っているチーム。外国人を入れるのか、日本人でまかなうのか。日本人でまかなうとなった時に候補の1人に加われると思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」