野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

今季戦力外も「まだ絶対にいける」― もう一花咲かせられる選手は?

ヤクルトは坂口と鵜久森の同時獲得に踏み切ってもいい? 北方、勧野も「素材はいい」

 さらに、セ・リーグを制覇したヤクルトもフィットすると予想する。ヤクルトについては、坂口と同時獲得に踏み切っても使い方はあるという。

「今回の日本シリーズを見ていても、ヤクルトは外野手が足りていない。特に右の外野手が足りていないですよね。比屋根とか足のある選手はいても、もう1枚はどうしようかというところです。代打で控える右バッターを考えると、今のメンバーでは少し小粒な気がします。鵜久森にはファーストを練習させて、両方できるようにしておいてもいいかもしれない。

 あとは坂口。まだまだ出来る選手です。センターで起用できる。気持よくプレーさせれば、とんでもないところにいく能力があります。坂口が1、2番にいたら、相手は嫌ですよね」

 リーグ覇者がどんな動きを見せるのか、注目が集まるところだ。

 そして、野口氏が最後に名前を挙げたのは、ソフトバンクの育成契約から戦力外となった北方悠誠投手、勧野甲輝内野手の若手2人。希望も込めて、こう指摘する。

「ぴったり合う指導者についたら変わると思います。彼らが所属していたソフトバンクとか横浜、楽天の指導者が悪いわけではなくて、指導が合う、合わないというのはあるので。だから、これまでは少し合わなかったのかなと思います。素材はいいだけに、もう少し大きく育って欲しい」

 戦力外通告を受けた中から、どれだけの選手が新天地を見つけ、そして復活を遂げられるのか。それぞれの再スタートから目が離せない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」