野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 22歳が見せた覚悟とプライド、前SB育成・白根尚貴が“一発勝負”に出た理由

22歳が見せた覚悟とプライド、前SB育成・白根尚貴が“一発勝負”に出た理由

用意された育成契約の更新を破棄し、支配下登録を目指して一発勝負に挑んだ男がいる。前ソフトバンク・白根尚貴内野手は10日、静岡での12球団合同トライアウトに臨み、三塁打、二塁打を含む7打数3安打。「野手の中では一番目立ったつもり」と好感触を得た。

たとえ他球団からオファーがなくても…「自分の決断で動いた方がいい」

 用意された育成契約の更新を破棄し、支配下登録を目指して一発勝負に挑んだ男がいる。前ソフトバンク・白根尚貴内野手は10日、静岡での12球団合同トライアウトに臨み、三塁打、二塁打を含む7打数3安打。「野手の中では一番目立ったつもり」と好感触を得た。

「(球団からは)来季は育成で再契約という話だった。今年もラストという気持ちだったのですが、来年もあってもラストなので、だったら育成でラストになるより、支配下でラストの方が後悔がない。本当にどこからも連絡がなくて、『この世界に残れませんでした』となっても……」

 22歳は来季育成契約から這い上がる確率より、各球団の目の前で自身の実力を証明し、支配下契約を目指すことを選んだ。「(ソフトバンクの3軍にいて)ノーチャンスとは思っていなかったですけど、育成選手でこのまま来年の最後のつもりでのシーズンにかけるなら、自分で動いて自分の決断で動いて、結果としてどこにも入れませんでした、の方がいい」。自分にとってどの選択がベストなのか、考え抜いた末の決断だった。

 迎えたトライアウトでは上々の結果を残した。

「しっかり振ることができた。自分の一番の長所である長打も出たので、いい形でアピールができたんじゃないかなと。1打席目のファーストスイングはとにかくストライクは振っていこうと思っていた。

 その中のファーストストライク、ファーストスイングで長打を、スタンドまでいかなくてもあそこまで飛ばせたというのがスタンドに見に来ている方への第一印象を植え付けられたと思います。また次も打つじゃないかという期待も持っていただけたと思う」

 第1打席でいきなり左中間への二塁打を放ち、強烈な印象を残したスラッガー。収穫について以下のように語る。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中