野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

台湾でもMLB移籍への注目集まる前田健太 「自分の去就よりまずは世界一」

先発・前田健太投手は5回5安打2失点。相手の鋭いバッティングに苦しめられながらも、しっかり試合を作った。小久保裕紀監督にエースに指名された右腕は、注目される去就について台湾メディアから質問を受ける場面もあったが、まずは世界一に向けて全力を注ぐことを誓った。

20151112_maeda

メキシコ戦で5回2失点、指揮官は「よくしのいでくれた」

 侍ジャパン日本代表は台湾・天母で行われた11日の「プレミア12」1次ラウンド第2戦、メキシコ戦で6-5とサヨナラ勝ちした。先発・前田健太投手は5回5安打2失点。相手の鋭いバッティングに苦しめられながらも、しっかり試合を作った。小久保裕紀監督にエースに指名された右腕は、注目される去就について台湾メディアから質問を受ける場面もあったが、まずは世界一に向けて全力を注ぐことを誓った。

 前田は2回、メキシコ打線に強烈な先制パンチを食らった。先頭のロペスに2球目の直球をレフトスタンドに運ばれる。小久保監督が「自分が思っていたよりもスイングが鋭かった」と振り返ったように、メキシコ打線は予想以上に手ごわかった。

 逆転に成功し、4-1となって迎えた4回にも2死から連打を浴びて1失点。さらに、続く打者にもヒットを打たれて3連打で2死二、三塁とされたが、ロペスを三ゴロに仕留めて、一打同点のピンチを切り抜けた。

 5回は3者凡退に仕留め、前田はリードを守ったまま降板。9回に澤村が追いつかれたため、勝利投手にはならなかったが、小久保監督は「前田がよく2失点でしのいでくれた。そのおかげで有利な形で試合を進めることができた」と労った。

 5回86球で降板させたことについても「前田に関しては100球が目安でした。今後のことも踏まえた上で代えました」と説明。エースへの絶対的な信頼が揺らぐことはない。

人気記事ランキング