野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハム、なぜ外野手を捕手兼コーチで獲得? 栗山監督が明かす意図とは

日本ハム、なぜ外野手を捕手兼コーチで獲得? 栗山監督が明かす意図とは

外野手を捕手兼ファームバッテリーコーチとして獲得する異例の契約。栗山監督は、それ以上にマルチな能力に期待を込めた。

20150508_kuriyama

“異例の契約”に込める期待、「本当に苦労している姿を見てきた」

 日本ハムは西武を戦力外となった米野智人外野手を捕手兼ファームバッテリーコーチ補佐として獲得。15日に千葉・鎌ヶ谷市の球団事務所で就任会見を行った。

 1999年のドラフト3位でヤクルトに入団した米野は名捕手・古田敦也の後釜と期待され、06年に自己最多116試合に出場するなど強肩捕手として活躍してきたが、10年途中にトレード移籍した西武では12年から外野手に転向していた。

 外野手を捕手兼ファームバッテリーコーチとして獲得する異例の契約。栗山監督は、それ以上にマルチな能力に期待を込めた。

――捕手兼ファームバッテリーコーチ補佐として獲得した。

「選手としてはもちろん、チームはどこに向かおうとしているのか。若い選手が多いし、自分の感覚的には一緒にやっている先輩から教わるのは1番いい形。しっかりと若い選手が育ってくれると大きな期待をして。そういう人材がどこにいるのかを球団も追い求めていた。いろいろと背負ってもらうことは多いが、(米野の入団を)うれしく思います」

――米野の選手としてのイメージは?

「古田捕手の後にマスクをかぶっていた。本当に苦労している姿を見てきた。今、僕が欲しいのは活躍したことよりも苦労した時にどう頑張るか、どう工夫するか。チームが求めているのはそこ。

 逃げずに頑張っていた米野の姿は印象に残っている。米野に求める幅が広がりすぎているかもしれないが、そういうイメージがある。肩書は意識してほしくない。本人 は戸惑いはあると思うが、自分らしくやってくれることが一番ありがたいこと。考えすぎずに思い切ってやってほしい」

人気記事ランキング