野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム、なぜ外野手を捕手兼コーチで獲得? 栗山監督が明かす意図とは

「肩書は関係ない」、指揮官が米野に伝えた言葉とは

――選手としての期待は?

「(ライバル球団として)ここ一番で打たれる印象が残っている。打者としても期待している。今年は(巨人から矢野)謙次に来てもらったけど、稲葉、二岡がいなくなってから、本当の意味で代打勝負できる選手がいない。(代打で結果を出すには)経験が必要。パ・リーグを知っている経験も期待している。いろいろとやってもらうけど、オレは(米野に)『打つ方で勝負してもらわないと困る』と伝えている」

――12年から外野手でプレー。2軍では一塁、三塁で起用された経験を持つ。

「(起用法の)幅があるのがいい。こちらが打撃で使いたい時に『外野を守ってくれ』と言えるのも米野の強み。若い選手がいろんなところをやるのとは意味が違う。これまで苦しんでやってきたことが大きな幅となっている」

――4年ぶりの捕手復帰となる。

「捕手の能力も高い。何より経験値がある。(1軍で)マスクをかぶる可能性はある」

――ファームコーチ補佐を兼務する。1軍へ上げづらいのでは?

「肩書は関係ない。ファームには的場バッテリーコーチがいてくれるし、選手で勝負出来ないのだったら選手を辞めた方がいい」

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」