野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 楽天オコエ、成長実感 スイングスピードがキャンプ中から24キロもアップ!?

楽天オコエ、成長実感 スイングスピードがキャンプ中から24キロもアップ!?

楽天のオコエ瑠偉外野手が22日、イースタン・リーグ初開催となった泉練習場での日本ハム戦に「1番・中堅」で出場し、4打数1安打だった。

イースタンで日ハム斎藤佑の前に1安打、「絶妙なフォークを持っている」

 楽天のオコエ瑠偉外野手が22日、イースタン・リーグ初開催となった泉練習場での日本ハム戦に「1番・中堅」で出場し、4打数1安打だった。

 日本ハムの先発は斎藤佑樹。「とにかくフルスイングをする。ピッチャーは関係なく」。マウンドに立つ投手が誰であろうとオコエの信条は変わらなかった。

 第1打席。1ボールからの2球目の直球にオコエはバットを振り抜いた。打球はグングンと伸びたが、両翼101.5メートルと広い泉練習場でオーバーフェンスとはならず。「角度がつきすぎたけど、芯は捉えていた。あとちょっとだった」。感触は良かったものの、レフトフライだった。2打席目はセンターフライ、3打席目は1死一塁で三ゴロ併殺に打ち取られた。

 楽天打線が斎藤から放った安打は3回の足立の二塁打のみで9回を迎えた。この回、先頭の9番・八百板がピッチャー強襲の内野安打で出塁。オコエは2ストライクのあと、「配球が読めていた」とファウルで粘ってセカンド内野安打を放ち、チャンスを広げた。結局、この日はこの内野安打1本のみ。オコエは「絶妙なフォークを持っている」と斎藤の印象を話した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中