野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス職人コンビの一打で快勝 工藤監督「2死から取れたのは大きい」

1日のソフトバンク-西武は、6-3でソフトバンクが勝利。先発の武田翔太が8回途中2失点(自責点1)にまとめ、これで西武戦は負けなしの9連勝。

20160424_kudo

5番・長谷川の効果を「3番以降が右、左になる」

 1日のソフトバンク-西武は、6-3でソフトバンクが勝利。先発の武田翔太が8回途中2失点(自責点1)にまとめ、これで西武戦は負けなしの9連勝。打っては長谷川勇也が同点打と2ラン、中村晃が勝ち越し3ラン。打撃職人と称される2人で全打点を叩き出した。

 4回裏の逆転劇について「2アウトから(の4得点)というのが大きい」と工藤公康監督。さらに、前日から長谷川を5番に起用し、中軸がジグザグ打線になったことについて語った。

「3番以降が右、左になると相手はリリーフも出しにくい。出したとしても思い切って1人ずつ代えなきゃいけなくなる。右、左と大きいのが打てる打者が続いて、チャンスに強い中村くんがいるのは、相手にとっては脅威。(長谷川を7番に置いて下位で)左打者が続くより、長谷川くんの長打力を含めて考えれば5番がいいポジションだと思う」

人気記事ランキング