野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム有原、“無敗対決”へ意欲 規定投球回到達で防御率トップの可能性も

柳田には「不利なカウントにしないことが大事」

 柳田悠岐封じが1つの鍵となる。昨季トリプルスリーを達成した好打者は打率2割3分6厘ながらも、リーグトップの29四球。出塁率4割2分3厘だ。

「厳しいところを攻めないといけないが、まずは不利なカウントにしないことが大事だと思います。今年は走者が出ても、1人1人を打ち取るつもりで投げている。打者に集中する意識で投げています」

 ソフトバンク打線とは4月3日(東京ドーム)以来の対決。8回7安打1失点に抑え、2勝目をつかんだ。主戦投手としての自覚もある。

「火曜日に投げさせてもらっているので、勢いづくような粘り強い投球をしていければと思います」

 チームは借金1。“無敗対決”に投げ勝ち、波に乗れないチームを浮上させたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」