野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハム浅間、コリジョンルール初適用呼んだ走塁反省「完全にアウトだった」

日ハム浅間、コリジョンルール初適用呼んだ走塁反省「完全にアウトだった」

日本ハムの浅間大基外野手が、今季から導入された「コリジョンルール」の両リーグ初適用によって生還した走塁を反省した。

暴投で二塁から一気に本塁生還、ビデオ判定でセーフに覆り「ラッキーだった」

 日本ハムの浅間大基外野手が、今季から導入された「コリジョンルール」の両リーグ初適用によって生還した走塁を反省した。

 6日の西武戦(西武プリンスドーム)で「7番・中堅」でスタメン出場。問題視したのは同点の6回1死満塁、打者・西川への2球目だ。高橋光成の外角低めフォークを捕手・炭谷がはじき、ボールは三塁ベンチ前を転々。二塁走者の浅間は一気に本塁生還を狙った。

 最初はアウトと判定されたが、審判団のビデオ判定で高橋光が走路にいたと判断され、ジャッジが覆った。積極的な走塁で2点リードに広がったが、試合後の浅間は「暴走」と反省しきりだった。

「コリジョンルールでセーフになりましたが、ラッキーだったとしか言えない。(高橋光の)足は走路にありましたが、反省しないといけないです。捕手の処理が遅れていたと自分で判断して(本塁へ)いきました。タイミングは完全にアウトだったので、反省したいです」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中