野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム浅間、コリジョンルール初適用呼んだ走塁反省「完全にアウトだった」

栗山監督も反省を促す「コリジョンでセーフになったからいいけど…」

 コリジョンルールの適用が追い風となり、この回だけで日本ハムは5得点。試合を決めるビッグイニングとなったが、栗山英樹監督は高卒2年目の19歳に反省を促した。

「前に進むことはいいんだけど、状況判断をしっかりしないといけない。コリジョン(ルールの適用)でセーフになったからいいけど、考えないといけない。次同じケースで同じようにいけるのか。いい経験になってくれればいい」

 高橋光の投球数は100球を超え、2安打と三塁・中村の失策でつかんだチャンス。チームは西川の前の打者・大野の押し出し死球で同点に追いついていた。押せ押せムードがしぼむ可能性があっただけに、栗山監督は厳しかった。

 コリジョンルールと本塁クロスプレーでのビデオ判定。今季から導入された新ルールが、今後も大きく野球を変えることとなりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」