野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • 岩隈久志、「今季最高の投球」も5敗目 拙守ロメロ「せっかくの投手戦が…」

岩隈久志、「今季最高の投球」も5敗目 拙守ロメロ「せっかくの投手戦が…」

5日(日本時間6日)敵地でのレンジャーズ戦で、7回0/3を4安打3失点(自責1)としながらも今季5敗目(4勝)を喫したマリナーズ岩隈久志投手。

20160418_iwakuma

地区ライバルに3連敗、地元紙は「岩隈の快投を無駄にした」

 5日(日本時間6日)敵地でのレンジャーズ戦で、7回0/3を4安打3失点(自責1)としながらも今季5敗目(4勝)を喫したマリナーズ岩隈久志投手。地区首位を争う宿敵を相手に3連敗は免れたい重要な一戦での登板で、岩隈は7イニング中5イニングを3者凡退に仕留めるなど快投を披露したが、5回に味方守備の乱れで3失点して敗れた。

 地元紙「タコマ・ニューストリビューン」電子版によれば、試合後、サービス監督はこの日の岩隈について「今季ベストの内容だった」と絶賛し、「岩隈も同意見だった」としている。岩隈は「今日は負けましたが、必要な場面でしっかり球を投げられた。思い通りの球が投げられたし、走者に走られることもなかった。全体的に見て、自分では今年一番の登板だったと思います」と通訳を介して話したという。
 
 低めの制球で球数少なくテンポよく投げる本来の姿を取り戻した岩隈は、初回先頭プロファーに安打を許した後、12者連続で凡退に仕留めた。失点した後も6回と7回を連続で3者凡退とし、8回に先頭打者に四球を与えたところで降板。8回途中まで投げても、球数は89球(61ストライク)だった。

人気記事ランキング