野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

四国IL選抜で北米遠征中 中日の育成派遣選手・岸本「1軍のマウンドに」

「想像以上にレベルも高い。より1軍のマウンドをイメージしながらマウンドに立っています」

――それから今の表情を見ていると吹っ切れてやれている印象です。どこが自分にとって気持ちの転換点となりましたか?

「気持ちが切り替わったのは香川オリーブガイナーズへ来てからです。北米遠征のことは昨年、中日ドラゴンズから香川オリーブガイナーズに育成派遣されて、参加した川崎貴弘さん(現在、ルートインBCリーグ・福島ホープスに育成派遣中)から聞いてもきましたし、四国に残留すると6月はどうしても実戦が少なくなるので、絶対に成績を残していきたいと思っていました」

――結果、前期は抑えを中心に23試合に登板して2勝2敗3セーブで26回1/3を投げて25奪三振で防御率2.73。「四国アイランドリーグplus ALL STARS」にも選出されたましたが、北米でチャレンジしたい「KABUKI SPIRITS!」はありますか?

「昨年よりも登板経験が多くなる話は育成選手派遣が決まった時から耳に入っていたので、今年は今まで投げていなかった変化球を投げていっています。実際にそのボールを投げて打たれたり、抑えたりしながら感触をつかんでいる最中です。特にキャンナムリーグの打者は1番から9番までホームランがあるチームもありますし、僕が想像した以上にレベルも高い。ここではより1軍のマウンドをイメージしながらマウンドに立っています」

――なるほど。北米遠征では(6月26日現在)10試合に登板して1勝2敗1セーブ・8回1/3を投げて10奪三振、防御率5.40ですが、その脳裏にはナゴヤドームへのイメージもあるのですね。

「NPBでも多くの外国人選手がいますが、全員外国人ということ、レベルが違うことが僕のモチベーションをさらに高めています。キャンナムリーグの打者は日本人が振らないような状況でも振ってきて、さらに捉えてきますから。中でも僕がサヨナラホームランを打たれたニュージャージー・ジャッカルズのアート・チャーズは最も印象的でした。この日、僕にとって一番調子のよかったストレートで勝負したんです。若干中に入ったとはいえ、通常なら最悪でもファウルになるはずのボールを簡単にフェンスの向こうまで運ばれた」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」