野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、今年は選外も…米著名ジャーナリスト「歴代オールスターの一人」

イチロー、今年は選外も…米著名ジャーナリスト「歴代オールスターの一人」

マーリンズのイチロー外野手は今季、規定打席未満ながら打率.337、出塁率.411、得点圏打率.435と好調を維持。6年ぶりのオールスター出場への“待望論”もあったが、選出されることはなかった。

20160614_ichiro

6年ぶり夢舞台に“待望論”も出場ならず、「最も値する選手の一人がいない」

 マーリンズのイチロー外野手は今季、規定打席未満ながら打率.337、出塁率.411、得点圏打率.435と好調を維持。6年ぶりのオールスター出場への“待望論”もあったが、選出されることはなかった。ニュージャージー州最大のニュースサイト「nj.com」は、著名なジャーナリストのエド・ルーカス氏のコラムを掲載。同氏は、背番号51が選外となったことに失望しつつ、「オールスター漏れのイチローはいまだ史上最高」と題した文章で、「ベースボール史上のオールスターの一人」と絶賛している。

 今年のオールスターは12日(日本時間13日)に、サンディエゴのペトコパークで開催される。地元番記者がツイッターで「オールスターに選ばれるべきでは?」と呼びかけるなど、今季の大活躍で米国内でも球宴出場への“待望論”が起こっていたイチローだが、5日(同6日)に発表されたメンバーの中に名前はなく、最後の出場者を決める「ファイナルボート」の5人の候補者にも入らなかった。

 ルーカス氏はコラムの中で、オールスターが12日に開催されるという事実に触れつつ「最も選出に値する選手の一人は、しかしそこにいない。シンプルにファーストネーム(イチロー)で知られる両大陸のスーパースターは、家で過ごすことになる」と言及している。

 一方で、「何人かが予期したように、もしイチローが今季での引退をスプリングトレーニングで発表していたら、MLBはこの未来の殿堂入り選手に対してカル・リプケン、マリアノ・リベラ、デレク・ジーターなどと同様に、オールスターで特別な見送りを行ったに違いない。そのようなお別れツアープランは宙ぶらりんになっている」とも指摘。イチローが50歳までプレーすると明言していることについても触れている。

人気記事ランキング