野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】履正社VS常総学院、花咲徳栄VS作新学院など…8強かけ激突、見どころは?

【高校野球】履正社VS常総学院、花咲徳栄VS作新学院など…8強かけ激突、見どころは?

第98回夏の甲子園大会9日目3試合が行われ、ベスト16が決まった。16日の大会10日目からは3回戦。勝利したチームが準々決勝進出となる。

20160212_阪神

16日から3回戦、それぞれの試合の注目ポイントは?

 第98回夏の甲子園大会9日目3試合が行われ、ベスト16が決まった。16日の大会10日目からは3回戦。勝利したチームが準々決勝進出となる。

 10日目のカードの第1試合は嘉手納(沖縄)―明徳義塾(高知)。嘉手納のパワーヒッターの3番・大石、4番・知花が、明徳の中野、金津の投手陣、強肩強打の捕手・古賀のバッテリーに挑む。

 第2試合は秀岳館(熊本)―いなべ総合(三重)。春4強入りし、そのスイングスピードの速さを見せつけて勝ち上がってきた秀岳館。いなべ総合のエース・山内がどこまで抑えられるかに注目だ。いなべ打線は奥村、宮崎のスピードスターコンビで足を絡めて得点を重ねる。

 第3試合は盛岡大付(岩手)―鳴門(徳島)。このカードは打ち合いになる可能性が高い。盛岡大付は植田、塩谷の3、4番を中心に当たりだしたら止まらない。鳴門もパワーを持ちながらコンパクトにスイングする打者がそろい、4番の手束ら昨年夏の経験者がチームを引っ張る。

 第4試合は好投手左腕対決の常総学院(茨城)―履正社(大阪)が組まれている。昨年春から3度目の甲子園のマウンドに立っている常総学院・鈴木昭と、ドラフト1位候補左腕の履正社・寺島の投げ合いが注目される。打線もともに2年生の履正社・安田、常総学院・宮里がキーマン。宮里は調子を落としているが、前回の試合で適時打を放ち復調モードだ。

人気記事ランキング