野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】鳴門の積極性を“消した”明徳義塾バッテリー 試合運びの上手さ光り4強へ

【高校野球】鳴門の積極性を“消した”明徳義塾バッテリー 試合運びの上手さ光り4強へ

鳴門vs明徳義塾の四国勢同士の対決。両チームはこの春の四国大会でも対決をしている。その時は明徳義塾が3-2で勝利しているが、この試合も明徳義塾の試合運びの上手さが光り、3-0で制した。

四国勢対決に勝利、強打の鳴門打線を完封して準決勝進出

 鳴門vs明徳義塾の四国勢同士の対決。両チームはこの春の四国大会でも対決をしている。その時は明徳義塾が3-2で勝利しているが、この試合も明徳義塾の試合運びの上手さが光り、3-0で制した。

 3試合目の先発登板と鳴門の先発・河野竜生だったが、140キロ前後の速球、120キロ前後のスライダーが低めに決まり、明徳義塾打線は1回表を無得点に抑えられる。

 だが、2回表、明徳義塾は2死二塁から8番・今井涼介の左前適時打で1点を先制する。さらに4回表にも再び8番・今井の適時打と1死満塁から1番・立花虎太郎の押し出し四球で1点を追加し、3-0とした。

 明徳義塾はストライクゾーンに入るボールを見逃さず、しっかりと打ち返した。適時打を打った今井は守備力の高さを評価されてスタメンに名を連ねている選手だが、8番打者が勝負所で結果を残せるところに明徳義塾の強さを実感させられる。

 エース・中野恭聖は直球が135キロ前後と決して速くない。さらに、鳴門は強打が自慢のチーム。その打力の高さに苦しむことが予想されたが、明徳義塾バッテリーは四国大会で対戦の経験があるからか、鳴門打線の傾向をしっかりと掴んだ配球で抑えていった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中