野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元ヤクルトのオンドルセク、2Aからメジャー再昇格も…3失点で防御率9.95に

オリオールズの元ヤクルト守護神、ローガン・オンドルセク投手が25日(日本時間26日)のナショナルズ戦で2Aからメジャーに再昇格した。しかし、1回0/3を投げて4安打3失点で降板。防御率は9.95まで膨れ上がった。

20160811_ondrusek

3連打浴びるも試合前は復活に自信、復帰直後は「日本から大慌てで戻ってきたから…」

 オリオールズの元ヤクルト守護神、ローガン・オンドルセク投手が25日(日本時間26日)のナショナルズ戦で2Aからメジャーに再昇格した。しかし、1回0/3を投げて4安打3失点で降板。防御率は9.95まで膨れ上がった。

 オンドルセクは1点ビハインドの7回から登板。1死からエスピノーザに右前打を許したが、ロバトン、相手先発のシャーザーを連続三振に仕留めた。

 しかし、続投した8回につかまった。ターナー、ワースに連続安打を浴びて無死一、二塁とされると、マーフィーには一塁線を破られる適時二塁打を許した。3連打で1点を追加され、ここで降板。すると、ライトもハーパーに二塁打を浴びて、2人が生還した。オンドルセクに3失点がついた。

 試合前、地元紙「ボルティモア・サン」(電子版)はオンドルセクの昇格を伝える記事を掲載。「オリオールズでのオンドルセクの働きは素晴らしいものではなかった。彼は(降格前まで)5回1/3を投げ防御率6.75という成績を残している。しかし、彼はこの復帰で、メジャーでの更なる活躍に期待を抱いている」と伝えていた。

人気記事ランキング