野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「自分は体が小さい」 甲子園優勝投手・今井が国際大会で最初に感じた差

台湾・台中市で「第11回BFA U-18アジア選手権」が30日、開幕する。29日に行われた公式記者会見では、侍ジャパンの152キロ右腕・今井達也投手(作新学院、3年)に注目が集まった。

「U-18アジア選手権」が開幕へ、甲子園での活躍で台湾でも人気の今井

 台湾・台中市で「第11回BFA U-18アジア選手権」が30日、開幕する。29日に行われた公式記者会見では、侍ジャパンの152キロ右腕・今井達也投手(作新学院、3年)に注目が集まった。甲子園での人気は海を渡り、台湾にまで届いている。8月に行われたプロ野球ドラフトでは1巡目(全体3位)で中信兄弟に指名され、すでにプロ入りが決定している「台湾の大谷翔平」こと背番号「1」の陳琥選手が写真撮影を求めてきたり、海外メディアからの視線も集めた。

侍ジャパンの命運握る機動力 元盗塁王・高木豊氏が語る盗塁・走塁の重要性(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 陳琥選手が「甲子園の優勝投手と写真を撮れて、とても光栄です」と話すと、今井は「プロ入りが決まっている選手と握手ができるなんて光栄です。憧れといってもらえるのは幸せです。そういう期待にも応えないといけないですね」と喜びながらも気を引き締めていた。対戦は試合結果次第だが、台湾の二刀流に対して「バッターで勝負する機会があれば勝負したいですね」と対戦を心待ちにした。

 会見の写真撮影では、今井は小枝守監督、小池航貴内野手と一緒に壇上にいた。注目選手でありながら、少し控えめにしているように見えた。180センチ、72キロの細身の右腕は、韓国や台湾の選手を見て「自分より体が大きいな、と思いました。僕は体が小さい。その中で自分がどれだけ勝負できるか。ベストを尽くしていきたいと思います」と体格の差を感じていた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中