野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 決断の理由、ロッテ愛、4番像、ウグイス嬢…サブロー涙の引退会見一問一答

決断の理由、ロッテ愛、4番像、ウグイス嬢…サブロー涙の引退会見一問一答

現役引退を表明したロッテのサブロー外野手が1日の午後1時からQVCマリンで引退会見を行った。1994年のドラフト1位でPL学園からロッテに入団。2011年途中に巨人にトレード移籍したが、シーズン終了後にFAとなり、ロッテに復帰した。

40歳まで現役、「球団に感謝。やり遂げた感はある」

 現役引退を表明したロッテのサブロー外野手が1日の午後1時からQVCマリンで引退会見を行った。1994年のドラフト1位でPL学園からロッテに入団。2011年途中に巨人にトレード移籍したが、シーズン終了後にFAとなり、ロッテに復帰した。ロッテでは中心選手として2005年と2010年の2度の日本一に貢献。NPB通算1781試合出場で、1362安打、127本塁打、655打点をマーク。生涯打率は.265となっている。今回、ユニフォームを脱ぐ40歳は引退に際して何を語ったのか――。以下が会見の主な一問一答。

――引退を決めた一番の理由と時期を教えてください。

「やっぱり年齢もありますし、野球選手であるからには1軍で働かないといけないと思っていたので、上でやる機会がなかったのが一番の理由ですね」

―ー22年間プロ野球人生の中で一番の思いでは?

「やはり2005年の日本一ですね。まさか入団してから日本一になれるとは夢にも思ってなかったです。なりかかったんですけどね。それが実現して、うれし涙とというのは、僕の中では絶対ないと思っていたんですけど、そこで初めてうれし涙を流して……そこが一番記憶に残っているとこですね」

――40歳まで現役の目標で、実際、40歳を迎えていかがですか?

「そこまでやらせていただいた球団に感謝しますし、僕もやり遂げた感はあります。もう後悔はありません」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中