野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【女子野球W杯】マドンナジャパン、5連覇へあと3勝 王貞治氏から“金言”「気を引き締めて」

【女子野球W杯】マドンナジャパン、5連覇へあと3勝 王貞治氏から“金言”「気を引き締めて」

野球女子日本代表「マドンナジャパン」は8日、「第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ」(韓国・釜山)で開幕5連勝を飾った。

20160909_kawabata

台湾に快勝で5連勝、米国が敗退の波乱も王氏「それは関係ありません」

 野球女子日本代表「マドンナジャパン」は8日、「第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ」(韓国・釜山)で開幕5連勝を飾った。スーパーラウンド第2戦で、台湾に10-0の5回コールド勝ち。オープニングラウンドでは強豪のアメリカ、オーストラリアと同じ組を1位で勝ち上がり、勢いに乗っていた相手に実力差を見せつけた。5連覇へ向け、試合前には、2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で監督として日本代表を世界一に導いた王貞治氏(ソフトバンク会長)からの激励も届いたという。

 日本は初回にヤクルト川端慎吾の妹・友紀のタイムリーで先制すると、相手のエラーを見逃さずに着実に加点。スクイズでも2点を奪うなど、日本らしい野球で台湾に付け入るスキを与えなかった。投げては先発の左腕・笹沼が3回2/3で8三振を奪う快投。2番手・田中も打者4人を完璧に抑えるパーフェクトリリーフを見せた。大倉監督は試合後、「本当にいつものことですけど、予選リーグからだんだんチームが成長していくんです」と確かな手応えを示した。

 偉大な野球人からの激励も、選手の心に響いた。試合前、全日本女子野球連盟の長谷川一雄会長が、メールで届いた王会長のメッセージを選手に伝えた。

「アメリカが負けたと聞きましたけど、それは関係ありません。みなさんは目の前の1試合ずつを勝ち抜くだけです。気を引き締めて戦ってください」

人気記事ランキング