野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 評価急上昇の田中将大も候補入り! 米メディアが今季サイ・ヤング賞を予想

評価急上昇の田中将大も候補入り! 米メディアが今季サイ・ヤング賞を予想

米CBSスポーツ(電子版)では「ア・リーグ サイ・ヤング賞パワーランキング」と題した特集を掲載。現時点で候補に相応しい10投手を選び、年間最高のパフォーマンスを見せた投手に与えられる栄誉ある賞の行方を予想している。

14年サイ・ヤング賞右腕クルーバーの再受賞が濃厚も…

 今シーズンも残り20試合余りとなったメジャーリーグ。ペナントレース争いはもちろん、プレーオフ進出を巡るワイルドカード争いが激化している。チーム同士の戦いも気になるところだが、個人成績の行方も見過ごすことはできない。そこで米CBSスポーツ(電子版)では「ア・リーグ サイ・ヤング賞パワーランキング」と題した特集を掲載。現時点で候補に相応しい10投手を選び、年間最高のパフォーマンスを見せた投手に与えられる栄誉ある賞の行方を予想している。

 サイ・ヤング賞の特徴は、MVPとは違い、チームの成績がほとんど加味されない点だろう。BBWAA(全米野球記者協会)による投票はレギュラーシーズン最終日をもって締め切られるため、ポストシーズンでのパフォーマンスは関係ない。それぞれの投手が、レギュラーシーズンにどんな活躍を見せたか。評価の対象は、その一点に絞られる。記事では「現在の成績を抽出し、近年の投票傾向を加味して」10人をランク付け。この中には、最近地元ニューヨークでも評価がうなぎ上りのヤンキース田中将大もランクインしている。

 堂々の1位に輝いているのは、インディアンス右腕コーリー・クルーバーだ。6日(日本時間7日)アストロズ戦では、7回4失点で9敗目を喫したが、それでも今季の成績は15勝9敗、防御率3.16。勝利への貢献度を示す指標WARは、ア・リーグ投手陣では最高の5.9を記録。勝利数、防御率、奪三振数、WHIP(9回あたりの安打数+四球数)、被打率など、主要な項目でリーグ10位以内の成績を収めている。記事では、2014年にサイ・ヤング賞に輝いた右腕が再受賞する可能性が高いと見ているようだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中