野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • 女子代表
  • 【女子野球W杯】日本が5連覇へ“王手” 川端が大会9打点、好調の裏に燕の兄・慎吾の助言も

【女子野球W杯】日本が5連覇へ“王手” 川端が大会9打点、好調の裏に燕の兄・慎吾の助言も

今大会はチーム2位の打率.529、同1位の9打点と実力を存分に発揮している川端友紀(埼玉アストライア)。昨季のセ・リーグ首位打者の兄・慎吾(ヤクルト)のアドバイスも好調の要因の1つになっているという。

20160910_kawabata

2夜連続の先制打と打線牽引、打率.529の活躍でで決勝進出に貢献

 野球女子日本代表「マドンナジャパン」は9日、「第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ」(韓国・釜山)のスーパーラウンド第3戦でオーストラリアに10-0で5回コールド勝ち。5連覇へ向け、10日の韓国戦を残して、11日に行われる決勝への進出を決めた。昨季のセ・リーグ首位打者・川端慎吾(ヤクルト)の妹・友紀(埼玉アストライア)が、初回に会心の右越え二塁打で2夜連続の先制点をもたらす活躍。今大会はチーム2位の打率.529、同1位の9打点と実力を存分に発揮しているが、兄のアドバイスも好調の要因の1つになっているという。

侍ジャパン女子代表が大勝で5連勝 序盤に小技で相手のミス誘発、高い技術で掴んだ必然の勝利(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 川端が球場に快音を響かせたのは初回。1死二、三塁の好機で、カウント1-1から高めへの直球を完璧に捉えた。強烈なライナーで右翼手の頭上を超える2点タイムリースリーベース。「最悪、犠牲フライになるなと思ったら、予想以上に伸びました。会心(の当たり)です」。三塁上で小さくガッツポーズを作り、笑みをこぼした。

 この一打で勢いに乗った打線は、初回に打者11人の猛攻で6点を奪取。2回以降は無得点に抑えられたものの、5回に4点を奪い、5回コールドで快勝した。10日のスーパーラウンド最終戦・韓国戦を残して1位通過での決勝進出が決定。大倉孝一監督は「初回の攻撃が大きかったと思います」と振り返った。

 川端は今大会、不動の4番に座り、ハイレベルな打撃でチームを牽引。チャンスで勝負強さを見せ、打点はチームトップの「9」を数える。「新しい気持ちで、ただただ『やり切るだけ』と臨めているので、しっかり準備ができているかなというのが一番です」。自身の状態に確かな手応えを感じている。

人気記事ランキング