ペナントレース終盤で躍動、セ・リーグの9・10月ベストナインは?

筒香はリーグ終盤の勝負どころで大暴れ

【外野】
◯筒香嘉智(DeNA)
打率.357、7本塁打、22打点

 月間打率1位、月間本塁打2位タイ、月間打点3位。9月23日の巨人戦(東京ドーム)から3試合連続、3戦4本塁打の大暴れ。自身初の40発超えとなる44本塁打、110打点で打撃2冠王に輝いた。

◯鈴木誠也(広島)
打率.356、7本塁打、13打点

 月間打率2位、月間本塁打2位タイ、月間打点5位タイ。月間26安打は3位。9月10日の巨人戦(東京ドーム)まで15試合連続安打をマーク。10日の巨人戦では25号ソロ、26号2ランと1試合2本塁打を放った。

◯桑原将志(DeNA)
打率.349、2本塁打、5打点

 今季は「1番・中堅」に定着し、9月の月間打率3位、月間29安打はリーグトップタイを記録。15日の阪神戦(甲子園)から6試合連続安打をマーク。10度のマルチ安打、3度の猛打賞をマークした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY